忍者ブログ
Admin*Write*Comment
Re:start
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忙しかったわけじゃない、と思う。
ただ、パソコンつけてもすぐ寝ちゃってたんですよね;;
そんなわけで停滞しちゃいました。




さて、今日は火曜日に見た夢のお話です。

ちょっと小説風な文章にトライ。失敗。

---

夢の中で、僕は学校から帰ろうとしていました。

僕の学校は京都の太秦にあります。映画村のすぐ近所。


帰りの電車に乗るために駅へ向かっている途中、ふと書店へ行きたくなった僕は、家とは反対方向の電車に乗りました。

目的地は二条。二条駅を降りてすぐのところに大きな書店があるのです。


3駅ほどで二条に到着。ここまでは、いたって普通でした。

しかし、夢というものは異常こそが正常。それは僕の夢とて例外ではありません。

二条駅に着き、電車を降りた僕はおかしなものを発見しました。


「三恵」。

駅のホームにある、本来「二条」と書かれているべきはずの表示部分がなぜか「三恵」になっています。


三恵、とは何か。思い当たるのはクラスの女の子の名前。


しかし何故?と思っていると、1両隣から噂の三恵ちゃんも二条、いや三恵でおりているじゃありませんか。

「あれ?三恵ちゃんの降りる駅ってここじゃないよな?」

などと思いましたがまぁ彼女にも何か用があるんだろう、ということで別段気にすることなくそのまま駅を出ました。


そして書店を目指すのですが、ここで突如辺りが暗くなりました。

さっきまで夕方っ気まんまんだったのに。

僕はそんな異常には気づかず、最近は暗くなるの早いなーなんて呟きながら書店の前へ。


で、書店の前まできた僕はまず外に立っている看板を見上げます。


「2F 本屋 マジックバー」


なんだこれは。本屋て。もうちょっと詳しく○○書店とか書きなさいよ。

ってかマジックバーてなんだよ。なんで本屋とセットなんだ。


今思えばいろいろと疑問がつきませんが、ここは夢の世界。夢の世界の住人である僕はそんな疑問は抱きません。

とりあえず看板どおりに二階へ行きます。

そこに広がっていたのは服売り場。メンズカジュアルってやつでしょうか。ジャ○コとか○ティとかそんなところの2階や3階あたりを想起させる光景です。

しかし僕はすでに当初の目的を忘れてしまっているのか、衣服のコーナーをぐるりと回り、おもちゃコーナーを発見。早速凸ります。

トランプは売ってないものか、と辺りを見回しているとなにやら背後から見られているような感覚がします。
振り返ってみると、そこには脳あたりに障害をもっていそうな車椅子に乗った子供が、頭を60゜くらい傾けてよだれを垂らしながらこちらを凝視しているではありませんか。
ちょっと横にずれてみても彼の目は僕をしっかりキャッチしています。

僕は気味が悪くなりそそくさと退散しました。今思えば彼は同じクラスのA君に似ていたような気がします。A君は、何の病気か知りませんがそのお薬のせいでどんどん禿げていっています。あと、授業中のいびきがうるさい。


少し脱線してしまいましたが、おもちゃコーナーから逃げ出した僕の前に現れたのはコンタクト(※)用のボール。

※コンタクトジャグリング…ボールを投げずに、体の上を転がしたりするジャグリング。ググってください。


こんなものまで売ってんのかーとか思いつつ眺めて、少し触って見たりしたところで、僕はマジックバーのことを思い出しました。

看板によれば、2階には本屋とマジックバーがあるはず。

実際には本屋なんてありませんでしたが、ファンタジーな世界にいる僕はそこには気づかず、とりあえずマジックバーを探します。

しかし、どう見てもこのフロアにはありません。

仕方なく僕はもう一度看板を確かめるために一旦外に出ました。


本屋っぽいものの外に出て再び看板を見上げると、やはり「2F 本屋 マジックバー」。

おかしいなー、と視線を元に戻すと、なにやら怪しげな地下への入り口らしきものを発見。ちょうどさっきまで居た建物の入り口の横の辺り。

近づくと壁には「マジックバー」の文字が。なぜ最初に気づかなかったんだろう。ってかどう見ても地下じゃん。

どこが2Fだ。


まあ兎に角入り口は発見できました。

僕のようなガキがバーなんていうオトナの世界に入っていくのには勇気が必要でしたが、マジックバーならカードとか売ってくれるかもしれない、という思い、意を決して暗く細い階段を下りました。

しばらく行くと奥から明かりが。階段を下りきったとき、そこに広がっていたのは、、、


4畳半ほどの空間、一面にビールの空き缶、四角い机とその上一面に広がる青いトランプ。そして4人の男。

どこがマジックバーだよ!とか考えてる間に、4人のうちの一人がこちらを振り返ります。



tow「あ、先生。こんばんわ。」


ってお前かい!!ここで教師の登場ですよ。数学担当の山本が参上です。

トランプの散らばり方からして、4人で大富豪をしてたんでしょう。なにやってんだ山本。


名ばかりのマジックバーにげんなりした僕は、山本と二言三言交わし、そそくさと退出。

再び細く暗い階段を上り、地上にでる__というところでお目覚めの時間。パルプンテをかけられたような世界ともおさらばです。



もうほんとにわけわかんない夢でした。
いきなり「三恵」ですからね。なんででてきたんだ。
もし夢には好きな人がでるんだとすると俺は山本が好きなのか。勘弁してくれ。




待望のBLACK LAGOON7巻を購入。レヴィ可愛いよレヴィ。

こ、こめへんっ

■一都さん

ありがとーございます☆

進研模試ありますねー11/5くらいに。

正直、できる気がしません。なんたって次からは理社も入りますから。無理だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Thunder bolt 2007/10/27(Sat)08:35:48 編集
あるあ・・・・・あるあるwwwwwwwwww
  • 無題
2007/10/27(Sat)20:31:08 編集
すごい夢ww
よくそんな長いの細かく覚えてましたねー。
私はそこに驚きなんですけど?
夢は訳分かんないことだらけですよね。
でも最近のはあんま覚えてないなぁ。

時々なんか分かんないけど殺伐とした感じの夢見るのが嫌い;;
知らない人に追いかけられてたり必死で何かから逃げてたり・・・
目覚めたときの気分がはぁーってなる感じの。
って自分でどこ行きたいんか分かんなくなっちゃった(●´ω`)ゞ
まぁそんな感じです(オイ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
生と死のコントラストを描く___ byキャッチコピーチェッカー
  • カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • カウンター
  • カテゴリー
  • プロフィール
HN:
tow
性別:
男性
趣味:
回しやら
自己紹介:
半端な人。
  • フリーエリア
  • 最新CM
[11/22 無限君]
[11/12 mugen]
[09/30 ま]
[08/27 みっつー]
[08/26 mugen]
  • 最新記事
  • 最新TB
(09/26)
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Re:start All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]